蒼

Author:蒼
 
Ragnarok Online
Server:Lisa
job:AssassinCross
Guild:ラグナロク・グローリー

DQX
MainServer:25
Mainjob:武

あわせて読みたいブログパーツ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スラりん冒険記 in DQ5DS  その7 

我輩は スライムである、名前はまだない。
嘘である。

キングス様としびれんを仲間に加えた我輩達は
グランバニアへ向かうべく山道を登るのであった。

■スラりん冒険記 ルール■
・スライム系のみを使用(=ホイミスライムなども可)
・武器、防具屋の利用禁止
・人間は棺桶に入れるのが面倒なので馬車に放置
・その他制限は特になし、詰まりそうなら折々限定解除


ということでチゾットの山道へとやってきた我輩一行。
キングス様の能力の高さはなかなかである。
装備不足だというのに既にスラぼうやアキーラより上を行く。
異常系が効きにくいというのが何より嬉しい。
おたけびで全滅しかかったことが幾度とあったが、
キングス様のおかげでその頻度がぐっと減った。
かつザオラルが使えるおかげで、いちいち教会に戻ることもなくなる。

順調に山道を登ると剣士がいた。
どうやらルドマン殿の知り合いらしい。
水の羽衣をくれた。念願の鎧である。
これでステテコパンツから脱出できると思うと涙が止まらない。
火炎系の特技に耐性があるのも嬉しい。

途中から洞窟に入る。
ここのモンスターはベギラマやいなづまなど全体攻撃が多く、
回復役がピエール殿だけだときびしい。
目に見えてピエール殿が息切れしている。
ここでベホイミを使えるターバンとその嫁をちら見する。
分かってはいたがイチャついていた。
このターバンが。

なんとか洞窟を抜け、チゾットの村へと辿り着いた。
その途端馬車から飛び出るターバンと嫁。
しかもいきなり嫁が倒れた。
宿に担ぎ込まれる嫁。立ち尽くすターバン。
なにしてんのアンタら。

嫁の回復を待って今度は山を降りることに。
もう馬車でゆっくりやすんでろ、アンタは。
ターバン「グランバニアまだーw」
お前は馬車を降りろ。
このターバンが。

途中で老人に会った。
正直に質問に答えると水の羽衣をくれた。
これで2着目、かなりありがたい。

ミミックやひとくいばこのザキの嵐に泣きながらも
我輩達はグランバニアについた。
するとやたらと歓迎されるターバン。
どうやらターバンはグランバニアの王族だったらしい。
なん・・・だと・・・?
王位につくために王家の証がいるのだという。
ターバン「さ、行くぞwww」
行けよ。
このターバンが。

試練の洞窟へ向かった我輩達。
嫁には安静にしてもらうため城に残ってもらった。
洞窟でやいばのよろいを拾う。
もうピエール殿の硬さが半端じゃない。
しかも反撃ダメージがある。
我輩達いらないんじゃないだろうか、これ。
王家の証を手に入れ、帰ろうとするとカンダタとなのる男が現れた。
いつものとおり我輩とスラぼうがルカナンとスクルト、
ピエール殿とキングス様の攻撃により難なく勝利。
完全に後方支援が板についてきた感じだ。
城に戻る我輩達。


騙されるな!そいつはなにもしていない!!!

そんなわけで王になったターバン。
ターバンに子供も生まれたらしく、城では宴が開かれた。
もちろん我輩達は蚊帳の外だ。
このターバンが。

夜が明けるとターバンが血相を変えていた。
嫁がさらわれたらしい。
助けに向かうべくデモンズタワーに。
ターバンの方をちら身するとポケモンをやりこんでいた。
嫁よりピカチュウか。
このターバンが。

デモンズタワーのモンスターを蹴散らしながら頂上を目指す我輩達。
殴り一辺倒のオークLv20はもちろん、
キメーラLv35も我輩達の敵ではない。
嘘だ。
ぶっちゃけキメーラはかなり苦戦した。
ベギラマには羽衣に身を包んだ我輩を含め
皆に耐性があるからよいものの、ヒャダルコが痛すぎる。
辛勝といったところだ。
いよいよ嫁と対面。

嫁「まあ! あなたたち!
 こんな所に来たら 危ないわ!
 「プルートにも
 伝えてちょうだい。 私のことは
 もう 忘れてって……。

けなげすぐる(´;ω;)

リレミトを使い、即座階下でピカチュウLv100を見ながら
ニヨニヨしているターバンをつれて来る。

いざ、ジャミとの戦闘である。
バギクロス・メラミ・こごえるふぶきとどれも強力だが
キメーラと違い、2回行動することがなく
なんとか勝利。

したと思ったらいつのまにか馬車の中にいた。
夢オチ?と、塔の入り口を見ると
男たちがターバンと嫁そっくりの石像を運び出していた。
なにやってんだ、あのターバン('A`;)
我輩達は何も見なかったことにして
とりあえずモン爺のところへ帰ることにしたのだった・・・


■解説
今更ターバンの名前が発覚した第7回。
小説なんかではリュカ、となってるらしいですが
私はDQに限らず主人公にデフォ名がない場合これで行ってます。
水の羽衣*2により大幅防御力アップ。
フローラを嫁にしたのはこのためです。
ボスラッシュはもう少し苦労するかなと思いましたが
そうでもありませんでした。
2回行動のキメーラはちょっと全滅しかけましたが。
ターバン夫妻も石化し、ストーリーも佳境に。
いよいよ青年時代も後半です。
[2008/10/05 13:58] GOGORPG | TB(0) | CM(2)

待ってました、スラりん冒険記www

いよいよ物語が佳境に!(゚∀゚*)
ターバンのロクデナシっぷりもクライマックスへ!(#゚∀゚)
三食自給自足給金無し待遇で頑張ってるスライム達に自分の目頭も熱くなって参りました!(⊃Д`)

しかしスライムパーティって、意外と攻守のバランス良いですね~
[2008/10/07 02:56] キノコ [ 編集 ]

スライムパーティのバランスがいいわけではなく
ピエールが強すぎるだけともいいます。

けど、DQ5は人<魔物なのでスライム族とはいえ
侮れないものがありますね。
[2008/10/08 18:24] 蒼 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluepluto.blog39.fc2.com/tb.php/183-a8e8c4d8





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。