蒼

Author:蒼
 
Ragnarok Online
Server:Lisa
job:AssassinCross
Guild:ラグナロク・グローリー

DQX
MainServer:25
Mainjob:武

あわせて読みたいブログパーツ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

連続ブログ小説「ひらりひら」 

「アイツなんか、あなたには合わなかったのよ」
 彼女はそう言って私を励ましてくれた。
 昔から頭が良く秀才だった彼女は私の自慢の親友だ。そんな親友に再会したのはつい先日、同窓会での出来事だった。
 久しぶりの同窓会、みんなあの頃のまま大きくなっていた。
 いつも運動会で一番だった彼はその体格を生かして宅配屋に、騒がしさで皆の注目の的だった彼女は新聞の出版社に就職していた。
 彼らだけではない、皆がそれぞれの道を歩み始めていた。
 そう、あの頃密かに憧れていたアイツも例外ではなかった。久しぶりの再開、あの頃以上に煌びやかになっていたアイツに、私はあの頃の想いをぶちまけてしまったのだ。
「ちょっとくらい華麗になったからって、あんなに態度変えることもないのに」
「ほら、見た目が勝負の世界だから」
「だからって威張りすぎじゃない? それにあなたにあんな風に言うなんて酷過ぎるわ」
 どうやら彼女はアイツの性格の豹変に腹立たしく思っているらしい。
「仕方ないよ、私も悪かった。身分もわきまえずに告白なんか」
「悪いわけないじゃない! あなたとアイツ、何が違うっていうのよ!?」
 彼女は何が気にくわないのか、やたらと私に突っかかってくる。もちろん私を思ってのことだろう。確かに今思い出しても死にたくなるくらい酷い振られ方をしたものだ。だが、それももう終わったことだ。
「違うよ。アイツは移り変わりの激しいあの業界で頑張ってる。それに比べたら私なんか……」
「けど、あなただって……」
「違うに決まってる!!!」
 あまりにしつこく食い下がらない彼女に私はつい怒鳴ってしまった。

「包装紙として立派に働いているアイツと、いつ使われるかすら分からないコピー用紙の私とが釣り合うわけない!!!」



と、いう夢を見ました。
あ、疲れてるな、と思いました。

もちろん続きません。
[2008/03/20 12:53] 日常 | TB(0) | CM(6)

ちょwww

続き待ってます(1/20)
[2008/03/21 13:56] キノコ [ 編集 ]

感動の大作と聞いて飛んできました。

続き待ってます(2/20)
[2008/03/22 23:21] ノーレッジ [ 編集 ]

続き待ってます(3/20)
[2008/03/23 21:27] 黄河 [ 編集 ]

レイ

続き待ってます(4/20)
[2008/03/23 22:44] [ 編集 ]

題名に名前いれてもーたぁぁぁ・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン
[2008/03/23 22:45] レイ [ 編集 ]

>All
次回作は夢見次第です(ごめんなさいっ
[2008/03/30 17:36] 蒼 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bluepluto.blog39.fc2.com/tb.php/149-12054562





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。